口座名義はどのように入力すればいいですか?

名義人名は半角カナで入力してください。
また入力する名義人名は、銀行に登録している「カタカナ口座名義」をご確認の上、入力してください。

入力できる文字
・半角カタカナ
半角カタカナはすべて大文字で入力してください
例) カ)ライブポケット → カ)ライブポケツト
※ 口座名に小文字が使われている場合は、大文字で入力してください
※ 「ヲ」が口座名に含まれる場合は、「オ」に変換して入力してください
・半角英数字
英字はすべて大文字で入力してください
例) カ)LIVE POCKET
・半角記号
下記の記号のみ入力できます
「 (  (開き括弧)」「 )  (閉じ括弧)」「-  (ハイフン)」「,  (カンマ)」「.  (ピリオド)」「 /  (スラッシュ)」
※半角スペースも入力することができます

主催者様が個人の場合
銀行に登録している口座の、姓名を正しく入力してください。姓名の間には、半角スペースを入力してください。
※口座が英字の場合は、正しいスペルを入力してください
例) ライブ タロウ

主催者様が法人の場合
銀行に登録している口座の正しい法人名を入力してください。法人格の記入方法は下記の表を参照してください。
※法人格が事業者略語から始まる場合には、略語の前に括弧を使用して入力ください
※法人格が事業者略語から始まらない場合は、略語に括弧をつけずに入力ください
例) 株式会社ライブエンターテイメント      カ)ライブエンターテイメント
ライブエンターテイメント株式会社      ライブエンターテイメント(カ
ライブエンターテイメント株式会社新宿営業所 ライブエンターテイメント(カ)シンジユク(エイ

種 類
略 称
先頭に使う場合
途中に使う場合
末尾に使う場合
1.法人略語
株式会社
カ)
(カ)
(カ
有限会社
ユ)
(ユ)
(ユ
合名会社
メ)
(メ)
(メ
合資会社
シ)
(シ)
(シ
合同会社
ド)
(ド)
(ド
一般財団法人
ザイ)
(ザイ)
(ザイ
公益財団法人
一般社団法人
シヤ)
(シヤ)
(シヤ
公益社団法人
学校法人
ガク)
(ガク)
(ガク
相互会社
ソ)
(ソ)
(ソ
特定非営利活動法人
トクヒ)
(トクヒ)
(トクヒ
独立行政法人
ドク)
(ドク)
(ドク
地方独立行政法人
チドク)
(チドク)
(チドク
弁護士法人
ベン)
(ベン)
(ベン
有限責任中間法人
チユウ)
(チユウ)
(チユウ
無限責任中間法人
行政書士法人
ギヨ)
(ギヨ)
(ギヨ
司法書士法人
シホウ)
(シホウ)
(シホウ
税理士法人
ゼイ)
(ゼイ)
(ゼイ
国立大学法人
ダイ)
(ダイ)
(ダイ
公立大学法人
農事組合法人
ノウ)
(ノウ)
(ノウ
管理組合法人
カンリ)
(カンリ)
(カンリ
社会保険労務士法人
ロウム)
(ロウム)
(ロウム
2.営業所略語
営業所
エイ)
(エイ)
(エイ
出張所
シユツ)
(シユツ)
(シユツ
3.事業略語
連合会
レン)
レン
レン
共済組合
キヨウサイ)
キヨウサイ
キヨウサイ
協同組合
キヨウクミ)
キヨウクミ
キヨウクミ
生命保険
セイメイ)
セイメイ
セイメイ
海上火災保険
カイジヨウ)
カイジヨウ
カイジヨウ
火災海上保険
カサイ)
カサイ
カサイ
国民健康保険団体連合会
コクホレン)
コクホレン
コクホレン
社会保険診療報酬支払基金
シヤホ)
シヤホ
シヤホ
厚生年金基金
コウネン)
コウネン
コウネン
従業員組合
ジユウクミ)
ジユウクミ
ジユウクミ
労働組合
ロウクミ)
ロウクミ
ロウクミ
生活協同組合
セイキヨウ)
セイキヨウ
セイキヨウ
食糧販売協同組合
シヨクハンキヨウ)
シヨクハンキヨウ
シヨクハンキヨウ
国家公務員共済組合連合会
コクキヨウレン)
コクキヨウレン
コクキヨウレン
農業協同組合連合会
ノウキヨウレン)
ノウキヨウレン
ノウキヨウレン
経済農業協同組合連合会
ケイザイレン)
ケイザイレン
ケイザイレン
共済農業協同組合連合会
キヨウサイレン)
キヨウサイレン
キヨウサイレン
漁業協同組合
ギヨキヨウ)
ギヨキヨウ
ギヨキヨウ
漁業協同組合連合会
ギヨレン)
ギヨレン
ギヨレン
公共職業安定所
シヨクアン)
シヨクアン
シヨクアン
社会福祉協議会
シヤキヨウ)
シヤキヨウ
シヤキヨウ
特別養護老人ホーム
トクヨウ)
トクヨウ
トクヨウ
有限責任事業組合
ユウクミ)
ユウクミ
ユウクミ

アクセス状況を確認するには?

1日1回、毎日4時に集計した数が表示されます。イベントページへのアクセス状況の目安としてご利用ください。

イベントの編集・管理画面から【アクセス状況を確認する】をクリックします。

<表示の例>

PV ページビュー数
UU ユニークユーザー数

各項目について
・LivePocket・・・LivePocketサイトに一旦アクセス後、LivePocket内より主催者様作成のページへアクセスした場合にカウント
・DIRECT・・・直接URLにアクセスした場合にカウント
・REFERER・・・LivePocket以外の外部サイトのリンク掲出より、主催者様作成のページへアクセスした場合にカウント
・SNS・・・FacebookやTwitterなど、各種SNSからアクセスした場合にカウント
・MAIL・・・LivePocketから購入者に送信される、自動配信メール内に記載された、主催者様作成のページURLへアクセスした場合にカウント (例:申込み完了メールなど)
・SEARCH・・・Yahoo! JAPANやGoogleなど、各種検索サイトからアクセスした場合にカウント
・OTHER・・・上記以外のその他


イベント詳細を自分で装飾するには?

入力したイベント詳細の文字フォントのサイズや配色を変更することができます。
また画像を挿入することも可能です。

①フォントサイズの変更

フォントサイズを変更したい箇所を選択して、サイズを指定することで変更できます。

②太字への変更
(太字)
太字にしたい箇所を選択後、太字に変更できます。

③文字配色の変更
(文字の色)
文字配色を変更したい箇所を選択して配色を変更できます。
あらかじめ表示されている40色以外にも、カラーパネルから好みの色を選択することもできます。

④文字・画像表示位置の変更
(左揃え)(中央揃え)(右揃え)
文字・画像を、右寄せ、中央寄せ、左寄せにしたい場合は、変更したい箇所を選択して位置を変更してください。

⑤インデントの挿入・削除
(字下げを増やす)(字下げを減らす)
インデントを入れたい箇所を選択して(字下げを増やす)を選択するとインデントを挿入することができます。
インデントの削除は(字下げを減らす)から可能です。

⑥リンクの挿入・削除
(リンクの挿入)(リンクを解除)
リンクを貼りたい箇所を選択し(リンクの挿入)でリンク先のURLを設定できます。
同じウィンドウで開くか、新しいウィンドウで開くかの選択も可能です。
リンクを解除したい場合は範囲を選択し(リンクを解除)で行えます。

⑦画像の挿入・削除
(Upload an image)
画像をイベント詳細上にアップロードできます。
画像の削除を行われたい場合は、画像を選択しパソコンの[delete]キーを押すことで削除できます。

(HTMLのソースを編集)では
HTMLのソースエディタを表示させ、HTMLタグを使用しての編集が可能です。 


メール/Facebook/Twitterで公開したイベントをお知らせするには?

イベントを公開した直後、もしくは、イベントの編集・管理画面の【イベントを宣伝する】より、お知らせすることができます。

▼LivePocket-Ticket-からできるお知らせ方法
・Facebookページでシェアする
・Twitterでシェアする
・メールで過去の参加者/購入者にお知らせする

また、このページから「イベントページのURL」「イベントページQRコード」を確認できます。告知の際にご利用ください。
いいね!やフォローをしてくれているファンや、既にイベントに参加してくれたファンに新しいイベントをお知らせしましょう!

①「Facebookページでシェアする」をクリックします。
※事前にシェアしたいFacebookページのアカウントでログインした状態で、ボタンをクリックしてください。

②Facebookにリンクをシェアできるウィンドウが開きます。
イベントページのURLが自動で反映されています。シェアする際のコメントを入力します。
「公開」の設定になっていることを確認して、「リンクをシェア」をクリックします。

③Facebookページにイベントページのリンクが投稿されます。

【Twitterページでシェアする】
①「Twitterでシェアする」をクリックします。
※事前にシェアしたいTwitterのアカウントでログインした状態で、ボタンをクリックしてください。

②Twitterでツイートできるウィンドウが開きます。 イベントページのURLが自動で反映されていることを確認の上、シェアする際のコメントを入力します。 「ツイート」をクリックします。

【過去の参加者/購入者にお知らせする】
<注意点>
・「過去のイベント参加者/購入者にメールを送信する」からのメール送信は最大2回まで可能です。
・メール送信対象者が多い場合は、送信完了までに時間がかかる場合があります。(目安:500件/約10~15分)
・予約設定されたメール内容が⑩で確認できない場合は、送信設定が完了されていません。

①「過去の参加者/購入者にお知らせする」をクリックします。

②送信対象者を過去イベントの「すべて」と「イベントを指定」から選択します。
③メールの件名を入力します。
④本文に、イベントをお知らせするメール文を作成します。
⑤画像ファイルがある場合は添付できます。(※500KB以内のGIF・JPG・PNG・PDF形式のファイル)
⑥上記内容でテストメールが送信できます。
「テストメール送信」をクリックして、テストメールを送信します。
※送信先は、「,」で区切ると複数のメールアドレスに送信できます。

⑦メールの送信時間を設定します。 送信時間を予約することも、すぐに送信することもできます。

⑧全ての入力内容を確認後、「送信内容を確認する」をクリックします。
※横ラインで囲まれた範囲に、本文が反映されます。

⑨メールの送信内容に間違いがなければ、「送信する」をクリックします。

⑩送信(予約)されたメール内容は、管理画面上部の【メール送信スケジュール】より確認できます


抽選販売チケットの作成をするには?

【抽選販売】・・・ユーザーがチケットを申込んだ後、主催者は抽選によって販売するユーザーを選ぶことができる販売方法です。
抽選時には、当選人数を決めて自動でランダムに当選者を決めたり、申込者情報を確認して手動で当選させることができます。
イベントページを作成後、抽選販売の受付を作成します。

<STEP1>
抽選販売の受付・チケットを作成/販売
<STEP2>
当選発表予定日までに、当選者/落選者の確定を行います ※当落選処理の方法はこちら
まず、当選者を確定させます。当選者を確定すると、当選者に当選通知のメールが届きます。
その後、落選者を確定させます。落選者を確定すると、落選者に落選通知のメールが届きます。

※イベントページや受付が公開(販売)される時系列は以下の通りとなります。
時系列通りに設定されていない場合、設定内容の保存(公開)が出来ないためご注意ください。
(1)イベントページの公開
(2)チケット受付の公開
(3)チケット販売開始
(4)チケット販売終了

<設定方法>
①「抽選販売チケット」を選択します。

②抽選販売の受付名称を設定します。
選択すると編集できるようになります。

③チケットの受付開始日時を、チケットの公開日時以降で設定してください。
※チケットの公開日時以降に設定した場合、公開直後の受付には『販売前』と表示されます。

④チケットの受付終了日時を設定してください。

⑤イベントページに受付を公開する公開日時を、イベントページの公開日時以降で設定してください。
※イベントページの公開日時以降に設定した場合、
公開直後のイベントページには、受付以外(イベントページの内容のみ)が表示されます。

⑥チケットの申込回数制限を選択してください
※申込回数制限の詳細はこちら
※あらかじめ「受付単位」が設定されています
<注意点>
抽選販売の場合、ユーザーは1券種ごとの申込みとなります。
複数の券種(チケット)を販売される場合、
1券種目の申込手続き完了後に、改めてイベントページにアクセスし、別券種のチケット申込みとなります。
上記を踏まえ、申込回数制限を設定される際は、設定内容にご注意ください

⑦当選発表予定日を入力してください

⑧抽選販売に関しての注意事項や条件などを入力してください。

⑨入力が完了したら、「チケットを追加する+」を押下してください。

⑩作成するチケットを選択します。
■整理番号チケットを追加する
申し込んだ順に整理番号が採番されるチケットです(抽選の場合はランダム採番)
整理番号チケットの登録方法はこちら
■座席指定チケットを追加する
申し込んだ順に座席番号が配席されるチケットです(抽選の場合はランダム配席)
座席指定チケットの登録方法はこちら
■通常チケットを追加する
整理番号や座席番号を設定しないチケットです
通常チケットの登録方法はこちら
■販売予定枚数を共有してチケットを追加したい場合
販売予定枚数の共有について詳しくはこちら

 


「コンビニ決済支払い期限」の設定について

●先着販売の場合
・入金期限日の設定は出来ません。自動的に申込日の翌々日の23:59が入金期限となります。
・申込日の翌々日の23:59よりも販売期間が先に終了する場合は、受付終了の1時間前が入金期限となります。
・販売終了日当日の申込みは、支払い方法にコンビニ決済の選択はできません。
・販売終了時間を「午前0時から午前8時59分」の間で設定された場合、
 支払い方法にコンビニ決済が選択が可能な日時は、販売終了日の前日ではなく、販売終了日の「前々日23:59まで」となります。

支払い方法にコンビニ決済を選択可能な申込期限日については、
受付設定時の画面内、販売日時の[コンビニ受付終了]の欄をご確認ください。

●抽選販売の場合
・当選処理時にコンビニ決済・携帯キャリア決済の支払期間を、【1〜10日間】の範囲で設定することができます。
・当選日翌日を1日目とカウントし、設定日の23時59分まで支払いが可能です。

cv_2days.png

●入金期限が過ぎた場合のキャンセル処理時間
・入金期限が過ぎたチケットは、翌日のAM4時~9時の間にキャンセル処理が行われます。
・キャンセルされたチケットは、在庫として戻り、先着販売の受付期間中であれば自動で再販売されます。
※座席指定チケットの場合は、「予約」となっていた該当の座席が解放されて再販売可能となります。
※整理番号チケットの場合は、該当整理番号は欠番となりますが、新たに最後尾の番号が販売されます。
※一旦完売された後などで再販を希望されない場合は、予めチケットの設定より対象のチケットを「売切」にしてください。


複数のイベントをまとめて見せる(ツアー情報としてまとめる)には?

複数イベントページのURLがある場合、イベントグループページを作成することで、グループページから、複数のイベントページの閲覧が可能です。

グループページを作成後、グループページに対象のイベントページを登録します。
この作業には事前に、登録したいイベントページの作成を完了させてください。

①イベントページを作成後、トップ画面の【新しいイベントグループをつくる】を選択してください。

「*」印は必須項目です。
②過去に作成したイベントグループを複製して作成する場合は、対象のイベントグループページを選択後
[複製する]を押下することで、過去に作成した情報が自動で反映されます。
公演情報などの内容変更にご注意ください。

③イベントグループタイトルを入力してください。
(例)登録するイベントページのイベント名称など

④イベントグループのキャッチコピーを入力してください。

⑤イベントグループ概要を入力してください。
(例)登録するイベントページのイベント内容など

⑥イベントグループページ上に表示する画像を4枚まで登録できます。
登録可能な画像は、1枚あたり1MB以内の、GIF・JPG・PNG形式の画像のみとなります。
パソコンに保存されている画像を、ドラッグ、またはファイル選択してアップロードが可能です。

⑦出演者を入力してください。

⑧オフィシャルサイトや、その他リンクがあれば設定してください。
※その他サイトのリンクは、複数設定いただけます

⑨プレビューを確認する場合はこちらより確認が可能です。

⑩作成内容を下書き保存できます。

⑪イベントグループの内容に間違いが無ければ、「イベントグループの公開設定へ」を押下してください。
イベントグループの公開設定画面に進みます。

⑫作成するイベントグループページのURLを変更することができます。
※URLの変更は1回のみ
※半角小文字英数字と「-」「_」が使えます。
※URLの文字数は6文字以上、32文字以内で設定してください

⑬公開するイベントグループページをLivePocket-Ticket-サイト内や、Google、Yahoo! JAPAN等で検索対象にしたくない場合は、
[プライベート公開設定にする]にチェックを入れてください。

⑭内容に間違いがなければ、「イベントグループの公開確認」を押下してグループページを公開します。
※グループページにイベントページを登録する作業は、グループページの公開後に行います。
この時点で公開しても、イベントページは登録されていないので
グループページにアクセスしたとしても、チケット購入には進めません。

⑮グループページに登録したいイベントページを選択後、
「イベントを追加する」を押下すると、イベントページが登録されます。

⑯登録済みのイベントページが一覧で表示されます。

⑰グループページからイベントページを削除したい場合、押下してください。

イベントグループページのイメージです。
登録されたイベントページは、イベント開催日時の降順で表示されます。


どのような形式のチケットを販売することができますか?

LivePocket-Ticket-では、2種類の受付方法と3種類のチケットを自由に組み合わせて、販売するチケットを作成することができます。

LivePocketでのチケットの作成は3ステップあります。

【STEP1】
まず、イベントの概要を記した、イベントページを作成します。
(イベントページが作成済みの場合は、STEP2へ進みます)
イベントページの作成方法

【STEP2】
作成したイベントにチケットの情報を追加します。
受付方法について「先着販売」もしくは「抽選販売」から選択して、受付期間等の設定を行います。
「先着販売」受付の設定方法
「抽選販売」受付の設定方法

【STEP3】
設定した受付方法に、「整理番号」/「座席指定」/「通常」の中からチケットを選択して、設定を行います。
「整理番号チケット」の設定方法
「座席指定チケット」の設定方法
「通常チケット」の設定方法


当選者を指定して当選処理をするには?

当選者を指定して当選処理を行う方法です。

①【当選条件の設定(任意)】の”1.優先当選者・非当選者を登録する「登録する」”にチェックを入れてください。

②専用ファイルをダウンロードしてください。

③当選させたい申込みの「当選フラグ」列に「1」を入力してください。
※当選対象から除外したい申込みは「0」を入力してください。
※当選フラグ列が空欄の場合は、当選上限数に余りがある場合に限り、自動当選の対象となります。

【専用ファイル(申込者一覧)サンプル】

④記入したファイルを「記入済の専用ファイルをアップロード」ボタンからアップロードしてください。

⑤ファイルが登録されました。

⑥コンビニ決済・携帯キャリア決済の支払期限日を設定してください。
※当選処理を行われた翌日~最大10日間まで設定できます。
※当選確定後は変更できません。

⑦内容に間違いなければ、「当選者を確認する」ボタンを押下します。

⑧当選内容に間違いが無いか、確認を行ってください。
「当選者をCSVダウンロード」ボタンを押下することで、当選者一覧のcsvファイルをダウンロードできます。

⑨「当選者を確定する」ボタンを押下することで当選者が確定し、対象者へ当選メールが送信されます。
※申込者のクレジットカードが決済不可であった場合、落選になるため、ご希望の当選件数(枚数)に満たない場合があります。当選処理完了後に再度、当選枚数(件数)をご確認ください。

⑩これ以上当選処理を行わない場合は、「落選者を確定する」より落選者を確定させます。
※この時点で落選者を決定しない場合、複数回に渡って当選処理を行う場合は、「落選処理を中断する」を選択し、後から落選処理を行います。
※落選処理を行わないと、申込者の「申込状況・履歴」上では『抽選待ち』のままとなりますので必ず処理を行ってください。


通常チケットを作成するには?

【通常チケット】・・・整理番号や座席番号を設定しないチケットです。
イベントページを作成後、先着販売/抽選販売の受付設定を行う操作で、通常チケットを作成します。

①先着販売/抽選販売の受付内容を入力後、「チケットを追加する+」を押下し
【通常チケットを追加する】を選択します。

②チケット名、販売予定枚数を入力してください。
入力を完了後、「次へ」を押下すると受付内容の下に、チケットの詳細入力フォームが表示されます。

③入力したチケット名が表示されます。変更が必要な場合は、再度入力してください。

④入力した販売予定枚数が表示されます。変更が必要な場合は、「変更」を押下して再度設定してください。

⑤一度の申込みに選択できる購入枚数を設定してください。1~99まで設定が可能です。

⑥チケット料金を設定してください。
※設定した価格での販売となりますので、税込み価格で設定してください。
※無料チケットの場合は、0円と入力してください。

⑦チケットのご利用にあたっての注意事項や条件などを入力してください。
※ユーザーが表示するチケット画面に、設定した文章が表示されます。
当日の入場にあたっての注意事項などがあれば記載してください。

⑧チケットカラーを全7色から選択可能です。
複数券種(チケット)がある場合、チケットカラーを設定することで入場時の管理が行いやすくなります。

⑨ユーザーが使用する「LivePocket-Ticket-」アプリ上での、
イベントページの画像とは別の、チケット認証前・認証後の画像が設定できます。
※「LivePocket-Ticket-」アプリは、スマホチケットの使用に必要なアプリです。
QRコードチケットもアプリにダウンロードして使用することができます。
※「スマホチケット」の新規選択は、現在休止させていただいております。 詳しくはこちら

⑩入力に間違いなければ、「保存する」を押下して完了してください。

※1つの受付の中に、複数の券種(チケット)を設定されたい場合は、
保存する前に、「チケットを追加する+」よりチケットの追加・設定を行ってください。


抽選販売チケットで落選者を確定するには?

当選処理をした後、それ以上当選処理を行わない場合、落選者の確定を行います。
落選処理を行わないと、申込者の「申込状況・履歴」上では『抽選待ち』のままとなりますので必ず処理を行ってください。

①イベントの編集・管理画面より【抽選申込の確認、当落選処理をする】を選択してください。

②落選処理を行う対象のチケット(受付)を選択してください

③「落選処理をする」を押下してください。

④「落選処理を実行する」を押下することで、落選者へ落選メールが送信され、当落選処理がすべて完了となります。
一度落選処理を行われたチケットは、再当選処理等が行えないのでご注意ください。


当選者を自動で選んで当選処理をするには?

当選者の人数を指定することで、当選者を自動で選択して当選処理を行う方法です。

①当選枚数を設定してください。
『全員当選させる』を選択された場合、設定いただいている「販売予定枚数」が当選上限数となります。
『当選上限枚数を設定する』を選択された場合は、販売予定枚数を上限に任意に当選数を設定できます。

②優先当選条件を任意で設定いただけます。
2.自動抽選の優先当選条件を設定する
優先当選条件を、「入金方法」「性別」「地域(都道府県)」から指定することができます。
詳細についてはこちら
3.自動抽選の当選除外・優先順位を下げる条件を設定する
当選除外、または、当選優先順位を下げる条件を、重複申込みやイベントで指定することができます。
詳細についてはこちら

③コンビニ決済・携帯キャリア決済の支払期限日を設定してください。
※当選処理を行われた翌日~最大10日間まで設定できます。
※当選確定後は変更できません。

④内容に間違いなければ、「当選者を確認する」ボタンを押下します。

⑤当選内容に間違いが無いか、確認を行ってください。
「当選者をCSVダウンロード」ボタンを押下することで当選者一覧のcsvファイルをダウンロードできます。
当選者を確定する前に、付与された整理番号や座席番号などが、このcsvファイル内にて確認できます。

⑥「当選者を確定する」ボタンを押下することで当選者が確定し、対象者へ当選メールが送信されます。
※申込者のクレジットカードが決済不可であった場合、落選になるため、ご希望の当選件数(枚数)に満たない場合があります。
当選処理完了後に再度、当選枚数(件数)をご確認ください。

⑦これ以上当選処理を行わない場合は、「落選者を確定する」より落選者を確定させます。
※この時点で落選者を決定しない場合、複数回に渡って当選処理を行う場合は、「落選処理を中断する」を選択し、後から落選処理を行います。
※落選処理を行わないと、申込者の「申込状況・履歴」上では『抽選待ち』のままとなりますので必ず処理を行ってください。


抽選販売チケットの当落選処理をするには?

抽選販売の受付期間が終了しましたら、当選発表予定日までに当落選処理を行ってください。
当選者を確定いただくことで、当選者にチケット代金支払いの案内がメール送信され、入金後にチケットが発行されます。

<座席番号と整理番号>
座席指定チケット・整理番号チケットの当選処理は、当選時に座席番号・整理番号をチケットに自動付与していますので、当選者の入金タイミング等によりチケットに表示される番号が前後することはありません。

●座席番号
登録済みの座席リストの、販売可能な左上の座席番号から順に、申込枚数毎にランダムに自動配席されます。
複数枚の申込みには、連席で当選処理が行われます。
※連席が確保できない場合は、その申込みは当選対象から外れます。

●整理番号
登録済みの整理番号の開始番号より、申込枚数毎にランダムに自動採番されます。
複数枚の申込みには、連番で当選処理が行われます。
未入金キャンセルとなった申込みの整理番号は、欠番となります。

①イベントの編集・管理画面より【抽選申込の確認、当落選処理をする】を選択してください。

②抽選処理を行う対象のチケット(受付)を選択してください。

③「当選処理をする」を押下することで当選処理が行っていただけます。

当選者を指定して当選処理をする方法はこちら
当選者を自動で選んで当選処理をする方法はこちら
落選処理の方法はこちら


イベントを公開するには?

イベントページとチケットを設定後、イベントページを公開します。
設定した内容を確認しながら、番号順に手順を進めてください。

①イベントの編集・管理画面より【イベントページの公開設定を編集する】を選択してください

②入場受付方法を設定してください。
入場受付方法は、【QRコードチケット】【スマホチケット】【参加者リスト】の3つから選択することができます。
また、購入者のみがチケットを利用できるようにしたい場合は、[チケットの受渡し制限する]にチェックを入れてください
※各受付の詳細についてはこちらを参照ください
※入場受付方法は、イベント公開後に変更することはできません。
※2020年6月1日(月)より、イベントページ作成時の入場受付方法の選択肢から『スマホチケット』を選択不可とさせていただいております。
現在、『スマホチケット』受付のイベント公開済みの主催者様は、イベント開催日が2020年8月31日(月)までのイベントでご利用をお願いいたします。

③イベントページのURLを確認してください。
URLの変更を行う場合は【URLの変更】より変更いただけます
※URLの変更は一回のみとなり、一度変更すると修正できませんのでご注意ください
※半角小文字英数字と「-」「_」が使えます


http://t.livepocket.jp/e/dea1a

http://t.livepocket.jp/e/livepocket_allday

④イベントの公開日時を設定します。
【公開時間の変更】より公開時間の予約設定を行えます。
設定されると、設定時間に自動的にイベントページが公開されます。
※イベントページ公開後、購入者が1人でもいる場合、公開時間や公開前に変更することはできません。

また、公開したイベントページをLivePocket-Ticket-サイト内や、Google、Yahoo! JAPAN等で検索対象にしたくない場合は、 『プライベート公開設定にする』にチェックを入れてください。

全ての設定が完了しましたら、内容に間違いが無いことを確認の上、「イベントの公開確認」ボタンより公開を行ってください。

⑤イベントページが公開されますと、公開ステータスが『公開中』となり、 イベントページURLから、実際に公開されているページを確認できます


座席指定チケットの作成をするには?

【座席指定チケット】・・・座席番号が付与されたチケットです。
イベントページを作成後、先着販売/抽選販売の受付設定を行う操作で、座席指定チケットを作成します。

■先着販売受付の場合・・・指定する座席リストの、販売可能な左上の座席番号から申込んだ順番に配席されます。
■抽選販売受付の場合・・・当選処理時に、指定する座席リストの、販売可能な左上の座席番号からランダムで配席されます。
連席が確保できない場合は、その申込みは当選対象から外れます。
※支払期限超過等で申込みがキャンセルとなった場合、対象の座席は空席扱いとなり再販が可能となります。
※ユーザーは入金後、「マイチケット」よりチケットと併せて座席番号が確認できます。

<設定方法>
①先着販売/抽選販売の受付内容を入力後、「チケットを追加する+」を押下し【座席指定チケットを追加する】を選択します。

チケットに連携する、座席リストを設定します。
②管理する座席リスト名を入力してください。

③座席指定専用テンプレート(csvファイル)をダウンロードします。
ダウンロードした座席指定専用テンプレートに、販売するチケットの座席データを入力します。
座席指定専用テンプレート(座席リスト)の入力の仕方はこちら

④作成した座席リストをアップロードします。

⑤アップロード後、「登録する」を押下してください。
販売する座席の確認画面が表示されます。

⑥販売する座席の確認を行います。
関係者席/招待席など、販売対象としない座席は「売止」にすることができます。
青くなっている席(空席)をクリックすることで、売止の設定/解除ができます。

⑦先着販売で、座席を選んで購入できるようにしたい場合は、
[ユーザーが座席位置を指定して購入]の「設定する」にチェックを入れてください。
座席図の登録をすることもできます。 ※1MB以内のPNG・JPG・JPEG・GIFファイル形式
[ユーザーが座席位置を指定して購入]の設定について

⑧座席の追加が必要な場合、「座席を追加する+」を押下して設定してください。
先に作成した座席内容に合わせて設定してください。
※本画面から座席を追加する場合は、通路の設定はできません。連続する座席のみでの設定となります

⑨設定する座席内容に間違いなければ、「座席設定を保存する」を押下してください。
受付内容の下に、チケットの詳細入力フォームが表示されます。

⑩チケット名には、設定した「座席リスト名」が入力されています。変更が必要な場合は、再度入力してください。

⑪設定した座席の販売予定席数が枚数として表示されます。
変更が必要な場合、「変更」を押下すると⑥の販売する座席の確認画面が表示されます。

⑫一度の申込みに選択できる購入枚数を設定してください。1~99まで設定が可能です。

⑬チケット料金を設定してください。
※設定した価格での販売となりますので、税込み価格で設定してください。
※無料チケットの場合は、0円と入力してください。

⑭チケットのご利用にあたっての注意事項や条件などを入力してください。
※ユーザーが表示するチケット画面に、設定した文章が表示されます。
当日の入場にあたっての注意事項などがあれば記載してください。

⑮チケットカラーを全7色から選択可能です。
複数券種(チケット)がある場合、チケットカラーを設定することで入場時の管理が行いやすくなります。

⑯ユーザーが使用する「LivePocket-Ticket-」アプリ上での、
イベントページの画像とは別の、チケット認証前・認証後の画像が設定できます。
※「LivePocket-Ticket-」アプリは、スマホチケットの使用に必要なアプリです。
QRコードチケットもアプリにダウンロードして使用することができます。
※「スマホチケット」の新規選択は、現在休止させていただいております。 詳しくはこちら

⑰入力に間違いなければ、「保存する」を押下して完了してください。

※1つの受付の中に、複数の券種(チケット)を設定されたい場合は、
保存する前に、「チケットを追加する+」よりチケットの追加・設定を行ってください。


整理番号チケットの作成をするには?

【整理番号チケット】・・・整理番号が付与されたチケットです。
イベントページを作成後、先着販売/抽選販売の受付設定を行う操作で、整理番号チケットを作成します。

■先着販売受付の場合・・・整理番号は申込んだ順番に採番されます。
■抽選販売受付の場合・・・整理番号は当選処理時にランダムで採番されます。
※支払期限超過等で申込みがキャンセルとなった場合、対象の整理番号は欠番扱いとなります。
※ユーザーは入金後、「マイチケット」よりチケットと併せて整理番号が確認できます。

<設定方法>
①先着販売/抽選販売の受付内容を入力後、
「チケットを追加する+」を押下し
【整理番号チケットを追加する】を選択します。

②チケット名、販売予定枚数、整理番号を入力してください。
整理番号の開始番号は、半角英字3桁と半角数字5桁まで入力が可能です。
※例:ABC10000
入力を完了後、「次へ」を押下すると
受付内容の下に、チケットの詳細入力フォームが表示されます。

③入力したチケット名が表示されます。変更が必要な場合は、再度入力してください。

④入力した販売予定枚数が表示されます。変更が必要な場合は、「変更」を押下して再度設定してください。

⑤一度の申込みに選択できる購入枚数を設定してください。1~99まで設定が可能です。

⑥チケット料金を設定してください。
※設定した価格での販売となりますので、税込み価格で設定してください。
※無料チケットの場合は、0円と入力してください。

⑦入力した整理番号の開始番号が表示されます。
変更が必要な場合は、表示されている整理番号の部分を押下して再度設定してください。

⑧チケットのご利用にあたっての注意事項や条件などを入力してください。
※ユーザーが表示するチケット画面に、設定した文章が表示されます。
当日の入場にあたっての注意事項などがあれば記載してください。

⑨チケットカラーを全7色から選択可能です。
複数券種(チケット)がある場合、チケットカラーを設定することで入場時の管理が行いやすくなります。

⑩ユーザーが使用する「LivePocket-Ticket-」アプリ上での、
イベントページの画像とは別の、チケット認証前・認証後の画像が設定できます。
※「LivePocket-Ticket-」アプリは、スマホチケットの使用に必要なアプリです。
QRコードチケットもアプリにダウンロードして使用することができます。
※「スマホチケット」の新規選択は、現在休止させていただいております。 詳しくはこちら

⑪入力に間違いなければ、「保存する」を押下して完了してください。

※1つの受付の中に、複数の券種(チケット)を設定されたい場合は、
保存する前に、「チケットを追加する+」よりチケットの追加・設定を行ってください。


先着販売チケットの作成をするには?

【先着販売】・・・ユーザーがチケットを申込んだ時点で販売が確定し、予定枚数が終了するか、終了期日まで販売する販売方法です。
イベントページを作成後、先着販売の受付を作成します。

※イベントページや受付が公開(販売)される時系列は以下の通りとなります。
時系列通りに設定されていない場合、設定内容の保存(公開)が出来ないためご注意ください。
(1)イベントページの公開
(2)チケット受付の公開
(3)チケット販売開始
(4)チケット販売終了

<設定方法>
①「先着販売チケット」を選択します。

②先着販売の受付名称を設定します。
選択すると編集できるようになります。

③チケットの販売開始日時を、チケットの公開日時以降で設定してください。
※チケットの公開日時以降に設定した場合、公開直後の受付には『販売前』と表示されます。

④チケットの販売終了日時を、イベントの開演日時以前で設定してください。
※座席指定チケットの販売を行われる場合は、前売り券は、公演日前日までに販売を終了してください。
コンビニ決済の入金期限を公演日前日にすることができ、未入金キャンセル分を当日券で販売することで、座席の売り逃しを防げます。

⑤チケット申込み時の支払い方法に「コンビニ決済」が選択可能な、最終の受付日時となります。
※④販売終了日の1日前が自動設定されます。

⑥イベントページに受付を公開する公開日時を、イベントページの公開日時以降で設定してください。
※イベントページの公開日時以降に設定した場合、
公開直後のイベントページには、受付以外(イベントページの内容のみ)が表示されます。

⑦チケットの申込回数制限を選択してください
申込回数制限の詳細はこちら

⑧先着販売に関しての注意事項や条件などを入力してください。

⑨入力が完了したら、「チケットを追加する+」を押下してください。

⑩作成するチケットを選択します。
■整理番号チケットを追加する
申し込んだ順に整理番号が採番されるチケットです(抽選の場合はランダム採番)
整理番号チケットの登録方法はこちら
■座席指定チケットを追加する
申し込んだ順に座席番号が配席されるチケットです(抽選の場合はランダム配席)
座席指定チケットの登録方法はこちら
■通常チケットを追加する
整理番号や座席番号を設定しないチケットです
通常チケットの登録方法はこちら
■販売予定枚数を共有してチケットを追加したい場合
販売予定枚数の共有について詳しくはこちら


新しいイベントを作成するには?

チケットの登録をする前に、まず、イベントの情報を作成します。
①管理画面にログイン後【新しいイベントをつくる】を選択してください

「*」印は必須項目です。

②過去に作成したイベントページを複製して作成する場合は、「過去のイベント」から対象のイベントを選択後
[複製する]を押下することで、同じイベントページ・チケット情報が自動で反映されます。
ツアーや定期イベントなどのイベントページを作成する際に便利です。
公演日や会場、公演詳細などの変更部分の修正にご注意ください。
※選択可能な過去のイベントは、直近のイベント100件までとなります
過去にイベントページを作成したことがない場合は、上から順に入力を行ってください。

③今回のイベントの名称を入力してください。

④イベントの日程を入力してください。
開場日時を表示させる場合は[開場日時を追加]を、終演日時を表示させる場合は[終演日時を追加]を選択してください。
※名称は、希望の名称を入力することが可能です。
期間イベント設定をする場合はこちらをご確認ください。

⑤イベント内容の詳細を入力してください。
イベントの注意事項を入力する場合は、[イベント注意事項の追加]を選択してください。

⑥会場名を入力してください。

⑦会場の住所を、都道府県から選択してください。
詳しい住所を表示させたい場合は、[詳しい住所を設定する]のチェックボックスにチェックを入れると入力フォームが表示されます。
会場の最寄り駅の情報も入力することが可能です。

⑧イベントページ上に表示する画像を4枚まで登録できます。
登録可能な画像は、1枚あたり1MB以内の、GIF・JPG・PNG形式の画像のみとなります。
パソコンに保存されている画像を、ドラッグ、またはファイル選択してアップロードが可能です。

⑨イベント関連のYouTube動画を、1つのみ登録が可能です。
入力するURLは、ページのURLまたは共有URLを入力してください。
ページURL https://www.youtube.com/watch?v=×××××××
共有URL https://youtu.be/×××××××

⑩イベントページを検索しやすいように、ユーザーが検索しそうなキーワードを設定してください。
「チケット」「会場名」「出演者」は自動的に検索キーワードに設定されます。

⑪ユーザーからの、イベントとチケット申込み概要に関しての問い合わせ先として
「問い合わせ先表示名」「問い合わせの受付方法」を設定してください。
「問い合わせ備考」には、問い合わせ先が複数ある場合の詳細や、受付時間などを入力してください。
※問い合わせ先表示名には、あらかじめ、販売元表記として設定されている情報が入力されています。

⑫[その他オプション設定]では、決済方法や販売手数料、オフィシャルサイトのリンクが設定できます。
●決済方法 「クレジットカード」は必須で、「携帯キャリア決済」「コンビニ決済」の有無を任意に変更していただけます。
※初期値は、全ての決済方法が有効になっています。
●販売手数料 販売手数料(チケット料金の5%)を、「主催者負担」「購入者負担」から選択できます。
※初期値は、「主催者負担」になっています。

⑬プレビューを確認する場合はこちらより確認が可能です。

⑭作成内容を下書き保存できます。

⑮イベントページの内容に間違いが無ければ、「チケットの設定へ進む」を押下してください。
チケット設定画面に進みます。
チケットの設定はこちら

<⑫[その他オプション設定]画面>


過去のイベント参加者へ新しいイベントのメール告知はできますか?

告知したいイベントページの【イベントを宣伝する】よりメール送信が可能です。

【注意点】
・1イベントページにつき、【イベントを宣伝する】からのメール送信(告知)は最大2回まで可能です。
・メール送信対象件数が500件を超える場合は、送信が完了するまでに時間がかかる場合があります。
(目安:500件 / 約10~15分)
・メール送信1回の、最大送信可能件数は3000件です。
※3000件を超える場合は送信できません。
・過去に参加したことがあるイベントの主催者からのお知らせ・メール設定を、「受信する(ON)」としているユーザーへのみ送信されます。

①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より【イベントを宣伝する】を押下します。

②「過去の参加者/購入者にお知らせする」を選択します。

③送信対象者と送信内容を設定します。➡送信対象者について
※送信元メールアドレスは送信専用の「noreply@livepocket.jp」になります。
返信いただいても受信できませんので、返信が必要な場合は、「本文」に専用の連絡先を記載してください。

1)送信対象者を「すべて」か「イベントを指定」で選択します。
対象のイベントの参加者・購入者が、メール送信の対象となります。

2)メールの件名を入力します。

3)本文に、イベントをお知らせするメール文面を入力します。
※環境依存文字や絵文字等は、正常にメール送信できないため入力はお控えください。

4)送信したいファイルがある場合は添付することが可能です。
(※500KB以内のGIF・JPG・PNG・PDF形式のファイル)

5)設定内容を入力後、テストメールが送信できます。
「テストメール送信」をクリックして、指定したメールアドレスにテストメールを送信します。
※送信先を「,」で区切ると、複数のメールアドレスにテストメールが送信できます。

6)メールの送信時間を設定します。
送信時間を指定して予約設定する、または、すぐに送信するから選択できます。

7)すべての入力内容を確認後、「送信内容を確認する」を押下します。

【テストメール サンプル】
④メール送信の設定内容に間違いがなければ、「送信する」を押下することで設定が完了します。
送信(予約)されたメール内容は、管理画面上部の「メール送信スケジュール」より確認が可能です。
※「メール送信スケジュール」で対象のメール内容が確認できない場合は、送信設定が完了していません。


座席リストの入力の仕方は?

座席指定チケットを作成する際、チケットに連携する座席リストの設定が必要です。
ダウンロードした「座席指定専用テンプレート(csvファイル)」に、販売するチケットの座席データを入力後、アップロードします。
※座席指定専用テンプレートのダウンロード方法
①「座席指定チケット」の設定画面
②イベントの【販売する座席の編集・管理をする】メニュー内、「新しい座席リストを登録する」を選択

例:【実際の座席図】

例:【座席リスト】上記の座席を設定する場合、以下のように入力します。


ファンクラブの会員だけにチケットを販売できますか?(ファンクラブ会員(ID/パスワード認証)受付の設定方法)

ファンクラブなどのID・パスワードを所持している方のみが申込み可能な受付に、設定することができます。
事前にファンクラブ会員(ID・パスワードを所持している方)のみが購入できるように、ID・パスワードを受付に連携させます。
チケットの購入画面でID・パスワードを入力することで、チケットの申込みが可能となります。

※ファンクラブ会員限定の設定は「受付ごと」です。
(同じファンクラブ会員のリストを、複数の受付を対象に設定することはできます。チケットごとには設定できません。)
※「先着販売受付」「抽選販売受付」どちらでも設定可能です。
また、どのチケットの種類(整理番号・座席指定・通常チケット)でも設定可能です。

①通常通り受付とチケットの設定を完了します。

②受付とチケットの設定を完了後、
管理画面内メニュー【ファンクラブ会員受付の設定・管理をする】を押下します。

③「新しいファンクラブ会員リストを登録する」を押下します。
※ファンクラブ会員リストの登録が無い場合、この画面が表示されます。

④「専用ファイルのダウンロード」ボタンより、登録用の専用ファイルをダウンロードします。

⑤記入例に従って、ダウンロードした専用ファイルにファンクラブ会員情報(ID/パスワード)を入力してください。
<注意>
00001など、”0”から始まる会員ID、パスワードを入力する場合は、エクセルの表示形式を”文字列”にしてから入力してください。
”文字列”以外の場合、0が削除されてしまうことがあります。

[ID/パスワードの登録ルール]
・IDの列に会員ID(会員番号やメールアドレスなど)を入力してください。
・パスワード列に会員パスワードを入力してください。
・使える文字は半角英数字(大文字、小文字)と下記の記号です。
「` ~ ! @ # $ % ^ & * ( ) _ – + = { } [ ] ¥ | : ; < > . ? /」
・ID/パスワードの文字数は128文字以内、登録数は最大5万件までにしてください。
・同じリスト内で、同じIDを登録することはできません。

[記入例]

⑥「記入済の専用ファイルをアップロード」ボタンより、入力したファイルをアップロードし、ファンクラブ名(リスト名称)を確認の上、「登録する」ボタンを押下してください。

※「ファンクラブ名」がアップロードしたファイルのリスト名称となり、登録されます。
登録時には任意で編集が可能です。

⑦ファイルのアップロード完了までには少し時間がかかります。
その間に、ファンクラブ限定にする受付を選択し、「受付を設定する」ボタンを押下します。

⑧ファンクラブ限定受付を行いたい受付にチェックを入れます。
※複数の受付を選択することも可能です。
※すでに他のファンクラブ会員リスト/シリアルコード限定・Twitter限定が紐づいている受付は選択できません。

⑨チケット申込み時の、IDとパスワード入力画面に表示させる
IDとパスワードについての説明文を入力してください。

⑩「登録する」ボタンを押下することで設定完了です。

【設定後の編集】
ファンクラブ会員リストの設定完了後は、
「イベントの編集・管理画面」内の【ファンクラブ会員受付の設定・管理をする】にて、以下のことができます。

・『受付の設定』・・・連携する受付を設定することができます。また、IDとパスワードについての説明文の編集ができます。
・『追加』・・・リストをアップロードして、対象者を追加することができます。※削除・上書きはできません
・『ダウンロード』・・・設定されているリストをcsv形式で、ダウンロードすることができます。
別のファンクラブ会員のリストを登録する場合は、「新しいファンクラブ会員リストを登録する」から登録してください。

【設定後のファンクラブ会員リストの削除】

ファンクラブ会員リストは、連携する受付に申込者がいない場合に限り、削除が可能となります。
ファンクラブ会員リストの削除を行われたい場合は、「受付の設定」より受付のチェックを外し、連携を解除してください。
「(受付が未設定です)」の表示が確認できたら、右にある「×」ボタンよりリストの削除が行えます。


チケット販売方法 [STEP7]

step7.png
step7_header.png
step7_square_button.png
売上を確認する
LivePocket-Ticket-ではイベント終了後に売上が確定すると、実際に売上げたチケットの枚数や売上合計金額、手数料などが明記された売上明細書がメールで届きます。
この売上明細書を確認するだけで、売れたチケット枚数や、売上を把握できるので、次回のイベントに役立ちます。
step_image.png
入金を確認する
イベント終了後に支払明細書が発行されます。1〜15日に終演したイベントは月末(ただし、土日休の場合は前営業日)、16〜月末に終演したイベントは翌月15日(ただし、土日休の場合は翌営業日)に支払いが行われるので、入金を確認してください。
step1_operation.png

step7_ticket_master02.png
first01.png
step7_forward.pngstep7_next.png

チケット販売方法 [STEP6]

step6.png
step6_header.png
step6_square_button.png
来場者はQRコードチケットを持ってきます
来場者はスマートフォン、またはPCのチケット画面をプリントアウトしたものを会場へ持ってきます。
step6_image_2.png
受付専用アプリで受付をしましょう!
専用の受付アプリをダウンロードしたスマホで、来場者のQRコードチケットをかざしてチケットの認証を行い、入場していただきます。
step1_operation.png
step6_forward.pngstep6_next.png

チケット販売方法 [STEP5]

step5.png
step5_header.png
step5_square_button.png
チケットの販売状況を確認する
LivePocket-Ticket-では、販売状況をリアルタイムで確認することができます。
step1_operation.png
step5_square_button.png

入場受付の準備をしておこう!
step4_captcha_icon.png
イベント当日、参加者の受付には専用の受付アプリを利用します。
受付を行うスマホにApp Store、Google Playから[LivePocket-Scan-]アプリのインストールをしておこう。
ダウンロードはこちら
banner_apple.png banner_google.png
※AppStore、GooglePlayで「LivePocket」で検索

step5_forward.pngstep5_next.png

チケット販売方法 [STEP4]

step4.png
step4_header.png
step4_square_button.png
あなたのイベントを宣伝しよう!
公開したイベントページを宣伝することができます。
LivePocketの管理画面から各種SNSイベントをシェアできます。
そのほか、過去にチケットを購入してくれた方へのメール配信も可能です。
step4_image.png
LivePocket-Ticket-では自分が開催したイベントのチケット購入者や参加者に、メールを送ることができます。
また、過去に自分が開催したイベントの参加者に対して、同じようにメールでイベント告知することができます。
イベント終了後にサンクスメッセージを送って、次回のイベント告知を行うことができます。
step4_captcha.png
例えばFacebookの場合

step4_forward.pngstep4_next.png

チケット販売方法 [STEP3]

step3.png
step3_header.png
step3_square_button.png
あなたのイベントページを確認しよう!
イベントページの公開前にプレビュー画面にて確認することができます。

step3_captcha.png
あなたのイベントを公開しよう!
イベントページの即時公開(即時販売開始)が可能で、タイマー公開も対応しています。
WEB検索ヒットのON/OFFも設定が可能です。
(※検索ヒットの対象になるのは公開数日後になります。)
step3_forward.pngstep3_next.png

チケット販売方法 [STEP2]

step2.png
step2_header.png
step2_square_button.png
あなたのイベントに合わせたチケットが販売できます
QRコードチケットは、PC、スマホの各デバイスから購入することが可能です。また、販売するチケットはイベントに合わせて先着販売と抽選販売が選べるほか、会場に合わせて整理番号チケット、座席指定チケット、通常チケットを選ぶことができます。
あなたのイベントにあった販売方法を選択しましょう。
step1_operation.png

step2_first_ticket.png
受付期間中にチケットの在庫がある限り、先着順で購入できます。
step2_lottry_ticket.png
申込順にかかわらず抽選で当選した方のみチケットの購入ができます。
step2_ref_number_ticket.png
整理番号が付いたチケットが発行できます。
step2_ref_number_image.png
step2_seat_ticket.png
座席番号が付いたチケットが発行できます。(座席番号の登録が必要となります。)
step2_seat_image.png
step2_normal_ticket.png
何も番号がついていない通常のチケットも発行できます。
step2_normal_image.png

組み合わせイベント例
step2_live.png
ライブハウスの場合
先着販売 整理番号チケット
ライブハウスのような座席指定のない会場で、来場者を整理番号順に入場させたい場合など、先着販売の整理番号チケットが利用できます
step2_orchestra.png
劇場・コンサートホールの場合
抽選販売  座席指定チケット
劇場・コンサートホールなどのイベントで、座席が決まっている会場では、販売時する座席を指定できる、抽選販売と座席指定チケットが利用できます
step2_club.png
クラブイベントの場合
先着販売  通常チケット
入場の順番も座席の指定もないクラブイベント等では先着販売の通常チケットが利用できます
step2_forward.pngstep2_next.png

チケット販売方法 [STEP1]

step1.png
step1_header.png
step1_square_button.png

かんたんに魅力的な告知ページがつくれます

 まずイベントに必要なイベントタイトル、日時、会場を決定して必要な情報を登録します。オプション項目も設定することで、簡単に魅力的な告知ページが作成できます。 告知ページはアクセス分析も簡単にできるから便利です。イベント告知のランディングページとして活用していきましょう!step1_operation.png

step1_captcha.png
 
step1_forward.pngstep1_next.png

LivePocket-Ticket-で何ができるの?

top.png
label_pr_create.png
イベントの情報を入力するだけで、簡単に魅力的なPRページが
作成できます。PRページのアクセス分析も簡単にできるから便利!
label_ticket_manage.png
自由にチケットの料金・販売期間を設定したらすぐに販売開始!
指定席・整理番号券、抽選販売など、さまざまな販売に対応してます
label_event_promot.png 簡単にSNSへ拡散や、過去のイベント参加者に告知できます
label_ad_manage.png 誰でもが簡単に手持ちのスマホから入場者の管理ができます
label_sales_manage.png
チケットの販売状況だけではなく、売上、入場者数も
全てをPCで一括に管理!
LivePocket-Ticket-でのチケット販売の流れは?

top_next.png

シリアルコードを持っている人だけにチケットを販売できますか?(シリアルコード限定販売の設定方法)

指定のシリアルコードを所有している方のみが申込み可能な受付に設定することができます。
シリアルコードは、枚数を指定しての自動作成、または、作成済みのシリアルコードをアップロードして使用(手動作成)することができます。

事前にシリアルコードを発行し、CDやグッズに封入したり、グッズの販売と交換することで、ユーザーにシリアルコードを渡します。
チケットの購入画面でシリアルコードを入力することで、チケットの申込みが可能となります。

※シリアルコード限定の設定は「受付ごと」です。
(同じシリアルコードのリストを、複数の受付を対象に設定することはできます。チケットごとには設定できません。)
※「先着販売受付」「抽選販売受付」どちらでも設定可能です。
また、どのチケットの種類(整理番号・座席指定・通常チケット)でも設定可能です。
※シリアルコードは、1回のみ使用可能です。
なお、抽選販売で落選となった場合、ユーザーが抽選申込後に受付期間内に申込みキャンセルを行った場合は
再度、同じシリアルコードを使用して申込みを行うことが可能です。

①通常通り受付とチケットの設定を完了します。

②受付とチケットの設定を完了後、管理画面内メニュー【シリアルコード限定販売を設定・管理する】を押下します。

③「新しいシリアルコードを登録する」を押下します。
※シリアルコードリストの登録が無い場合、この画面が表示されます。

④シリアルコードの作成・登録には、以下の2通りの方法があります。

[シリアルコードを自動で作成して登録する場合]
作成するシリアルコードの個数を入力し、入力が完了したらシリアルコードリスト名(リスト名称)を確認の上、「登録して次へ」ボタンを押下してください。

※「シリアルコードリスト名」がアップロードしたファイルのリスト名称となり、登録されます。
登録時には任意で編集が可能です。
※8桁のシリアルコードが生成されます。

[シリアルコードを手動で作成して登録する場合(作成済みのシリアルコードをアップロードして使用する場合)]
「フォーマットをダウンロード」ボタンより、専用ファイルをダウンロードしてください。
記入例に従ってシリアルコードを入力後、「作成したファイルをアップロード」ボタンより、入力したファイルをアップロードし、
シリアルコードリスト名(リスト名称)を確認の上、「登録して次へ」ボタンを押下してください。

※「シリアルコードリスト名」がアップロードしたファイルのリスト名称となり、登録されます。
登録時には任意で編集が可能です。
<シリアルコード制限事項>
・使える文字は半角英数字(大文字、小文字)と下記の記号です
 「` ~ ! @ # $ % ^ & * ( ) _ – + = { } [ ] | : ; < > . ? /」
・文字数は4〜255文字以内にしてください
・同じリスト内で、同じシリアルコードを登録することはできません
・シリアルコードの登録個数は最大5万件です

登録したシリアルコードを受付に紐づけと、詳細を設定します。
⑤シリアルコードの使用方法を設定します。
・申込1件につきシリアルコード1個利用
※シリアルコード1個に対して、「複数枚のチケット」の申込みができます

・チケット1枚につきシリアルコード1個利用
※シリアルコード1個に対して、「チケット1枚」のみの申込みができます
1回の申込みに、チケット枚数が複数枚選択可能な場合は、枚数分のシリアルコードの入力が必要となります

⑥シリアルコード限定受付を行いたい受付にチェックを入れます。
※複数の受付を選択することも可能です。
※すでに他のシリアルコードリスト/ファンクラブ会員限定・Twitter限定が紐づいている受付は選択できません。

⑦チケット申込み時の、シリアルコード入力画面に表示させる。
シリアルコードについての説明文を入力してください。

⑧「設定する」ボタンを押下することで設定完了です。

【設定後の編集】
シリアルコードリストの設定完了後は、「イベントの編集・管理画面」内の【シリアルコード限定販売を設定・管理する】にて、以下のことができます。

・『受付の設定』・・・連携する受付・詳細の設定を行うことができます。また、シリアルコードについての説明文の編集ができます。
・『追加』・・・リストをアップロード、または、自動作成にてシリアルコードを追加することができます。※削除・上書きはできません
・『ダウンロード』・・・設定されているリストをcsv形式で、ダウンロードすることができます。
自動で作成したシリアルコードを拡散する際は、csvファイルをダウンロードしてシリアルコードを確認してください。

別のシリアルコードリストを登録する場合は、「新しいシリアルコードを登録する」から登録してください。

【設定後のシリアルコードリストの削除】
シリアルコードリストは、連携する受付に申込者がいない場合に限り、削除が可能となります。
シリアルコードリストの削除を行われたい場合は、「受付の設定」より受付のチェックを外し、連携を解除してください。
「(受付が未設定です)」の表示が確認できたら、右にある「×」ボタンよりリストの削除が行えます。


Twitterをフォローしてくれた人だけにチケットの販売はできますか?(Twitter限定販売の設定方法)

設定したTwitterアカウントにフォローしている方のみが申込み可能な受付に、設定することができます。
チケットを購入する際に指定のTwitterアカウントをフォローすることで、チケットの申込みが可能となります。

※Twitter限定の設定は「受付ごと」です。
※「先着販売受付」「抽選販売受付」どちらでも設定可能です。
また、どのチケットの種類(整理番号・座席指定・通常チケット)でも設定可能です。
※ここでのフォローは、恒久的にユーザーがフォローすることをお約束するものではありません。

①通常通り受付とチケットの設定を完了します。

②受付とチケットの設定を完了後、管理画面内メニュー【Twitter限定販売を設定・管理する】を押下します。

③TwitterアカウントのURLを設定します。
※すでに【イベントページを編集する】の「その他オプション設定」より
オフィシャルTwitterの設定がある場合は、そのURLが表示されます。

④Twitter限定販売を行いたい受付にチェックを入れます。
※複数の受付を選択することも可能です。
※すでにファンクラブ会員限定/シリアルコード限定が紐づいている受付は選択できません。

⑤「設定する」ボタンを押下することで設定完了です。

[Twitterアカウントの削除方法]
イベントページ上に設定されたTwitterアカウントの削除を行われたい場合、Twitter限定受付の申込者がいない場合に限り、TwitterアカウントのURLを削除いただけます。
1.)【Twitter限定販売を設定・管理する】にて、対象の受付のチェックを外します。
2.)「設定する」ボタンを押下します。 
3.)「イベントの編集・管理画面」に戻り【イベントページを編集する】を押下します。
4.)画面下部の「その他オプション設定」より、オフィシャルTwitterのURLを削除します。
5.)「設定」ボタンを押下後、「保存する」ボタン押下で情報が更新されます。
※【Twitter限定販売を設定・管理する】画面内では、URLの削除は行えません。


ログイン用のメールアドレスを変更をするにはどうしたらいいですか?

管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の【アカウント設定】より変更が可能です。

1.【アカウント設定】を選択後、ログインした管理者が登録のパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下

2.登録情報が表示されますので、メールアドレスを上書きして「確認する」を押下

3.確認画面が表示されますので、登録内容を確認後、「更新する」ボタンを押下で情報が更新されます


パスワードを変更をするにはどうしたらいいですか?

管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の【アカウント設定】より変更が可能です。

①【アカウント設定】を選択後、ログインした管理者が登録のパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下。

②空欄になっている「パスワード」「パスワード(確認)」に、新しいパスワードを入力し「確認する」を押下。

③確認画面が表示されますので、登録内容を確認後、「更新する」ボタンを押下で情報が更新されます。

管理者(アカウント)を増やしたい・減らしたい

※管理者(アカウント)の増減は、全権管理者のみが行えます
※管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の【管理者一覧】より管理者の追加・削除が可能です。
権限が「全権管理者」のアカウントでログイン時にのみ、管理者一覧のメニューが表示されます。

【管理者の追加】
①【管理者一覧】画面右上の「管理者新規登録」を押下。

②追加したい管理者の情報を入力して「確認する」を押下。

③確認画面が表示されますので、登録内容を確認後、「作成する」ボタンを押下で管理者が登録されます。

【管理者の削除】
①削除したい対象の管理者の「編集する」を押下。

②画面内の「削除する」を押下すると、ダイヤログが表示されますので、「はい」を選択すると削除されます

LivePocket内でイベントを紹介してもらえますか?

LivePocketのTOPページで紹介しているイベントページは、LivePocket側でイベント内容を元に選定しております。
PickUpへの掲出をご希望される場合は、掲出のお約束はできませんが、「事業者名」「イベント名」「イベントID」を添えて下記までご相談ください。
≪ご注意!≫チケット販売の促進や、掲出タイミング・期間を保証するものではございません。

【LivePocket-Ticket-運用サポート 】
メール:support@livepocket.jp
電話:0570-666-744 (平日11時~18時)


エラーが出た場合は?

エラーが発生した際の詳細やエラーメッセージ、事業者コードを記載の上、下記までご連絡ください。
調査が必要な場合、回答までにお時間を頂戴する場合がございます。予めご了承ください。

【LivePocket-Ticket-運用サポート 】
メール:support@livepocket.jp
電話:0570-666-744 (平日11時~18時)


退会したい場合は?

登録後イベントページを作成されておらず、管理者の追加をされていない場合に限り、管理画面内より、下記手順にて退会手続きが可能です。

①管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の【退会】を選択し、登録のパスワードを入力後「OK」ボタンを押下。

②退会確認画面で「退会する」ボタンを押下で、退会手続きが完了します

※上記をご確認の上、「退会」のメニューが無いようでしたら、下記までご連絡ください。
【LivePocket-Ticket-運用サポート】
メール:support@livepocket.jp
電話:0570-666-744 (平日11時~18時)


ユーザーからのクレーム対応でチケットをキャンセル・返金したいのですが?

LivePocket-Ticket-では主催者様からのご依頼でのみチケットのキャンセル・返金を承ることが可能です。
LivePocket-Ticket-へチケット購入者様から依頼をいただきましても、キャンセル・返金はお受けできません。

やむを得ない理由でキャンセル・返金が必要な場合のお手続き方法、必要な返金手数料の詳細はこちらをご確認ください。

購入者、参加者へ一括で連絡することはできますか?

連絡したい対象のイベントページの【購入者や参加者にメールを送信する】よりメール送信が可能です。

【注意点】
・イベント終了前であれば、回数無制限で【購入者や参加者にメールを送信する】をご利用いただけます。
イベント終了後は、1イベントページにつきメール送信は最大2回まで可能です。
・メール送信対象件数が500件を超える場合は、送信が完了するまでに時間がかかる場合があります。
(目安:500件/約10~15分)
・メール送信1回の、最大送信可能件数は3000件前後です。
・メールの受信許諾に関わらず、対象者へメール送信されます。

①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より【購入者や参加者にメールを送信する】を押下します。

②送信対象者と送信内容を設定します。
※送信元メールアドレスは送信専用の「noreply@livepocket.jp」になります。
返信いただいても受信できませんので、返信が必要な場合は、「本文」に専用の連絡先を記載してください。

1)送信対象者を選択します。初期値では操作中のイベントページの「購入者と参加者」が設定されていますが、
「詳細設定」ボタンを押下することで、対象者をチケット毎で細かに設定することができます。➡送信対象者について

2)メールの件名を入力します。

3)本文に、メール文面を入力します。
※環境依存文字や絵文字等は、正常にメール送信できないため入力はお控えください。

4)送信したいファイルがある場合は添付することが可能です。
(※500KB以内のGIF・JPG・PNG・PDF形式のファイル)

5)設定内容を入力後、テストメールが送信できます。
「テストメール送信」をクリックして、指定したメールアドレスにテストメールを送信します。
※送信先を「,」で区切ると、複数のメールアドレスにテストメールが送信できます。

6)メールの送信時間を設定します。
送信時間を指定して予約設定する、または、すぐに送信するから選択できます。

7)すべての入力内容を確認後、「送信内容を確認する」を押下します。

③メール送信の設定内容に間違いがなければ、「送信する」を押下することで設定が完了します。
送信(設定)が完了すると、送信先と対象件数がポップアップで表示されるので「OK」をクリックします。

送信(予約)されたメール内容は、管理画面上部の「メール送信スケジュール」より確認が可能です。
※「メール送信スケジュール」で対象のメール内容が確認できない場合は、送信設定が完了していません。


QRコードでの再入場(再受付)は可能ですか?

QRコードのスキャンはQRコードチケット1枚につき1回のみ可能となり、一度スキャンされたQRコードでの再受付は行えません。
再入場が必要となる場合は、最初の入場受付時に、別途リストバンドや再入場用のチケット等をお渡し頂いたり、参加者情報を伺ってご対応ください。

【お客様が所有されているQRコードチケットのみで再入場受付を行いたい場合】
1.)認証用アプリ[LivePocket -Scan-]の「来場者リスト」か、管理画面の「参加者を確認する」を開く
2.)対象のチケットが認証済み(入場)になっていることを確認する
3.)対象チケットを「認証前(未入場)」の状態に戻す
 ・認証用アプリ[LivePocket -Scan-]の「来場者リスト」の場合・・・「認証済み」をクリックし【認証取消】を押下で認証前になります。
 ・管理画面「参加者を確認する」の場合・・・入場状況の「入場」をクリックすることで「未入場」状態となります。
4.)再度、認証用アプリ[LivePocket -Scan-]か、管理画面の「参加者を確認する」にて入場受付を行ってください

※主催者様側でチケット認証前(未入場)の状態にすることで、再度QRコードのスキャンが行えますが、実際の入場状況が混在する状態となるため、この対応を取られる場合は十分ご注意ください。

【認証用アプリ[LivePocket -Scan-]の「来場者リスト」】と【管理画面「参加者を確認する」】


電波が無い場所でも受付用アプリは使えますか?

受付時には通信環境が無い状態でもQRコードのスキャンは行えますが、事前に来場者リストの読み込みを、通信環境がある状態で行う必要があります。

また、通信環境が無い状態で複数台の認証機にてQRコードのスキャンを行われる場合、入場状況がリアルタイムで同期されず、同チケットによる二重認証が発生する可能性があるためご注意ください。
受付中は定期的に、通信環境のある状態で同期を行うことで、最新の入場状況を反映することができます。
入場状況の同期は、認証用アプリ[LivePocket -Scan-]内「イベント詳細」の【来場者リストで認証する】を選択し、リストを更新して同期を行ってください。

受付終了後は、必ず来場者リストの同期を行っていただき、最終の入場状況をご確認ください。


参加者一覧で、パソコンや紙に出力しての受付はどのように行えますか?

QRコードチケットやスマホチケットを使用されずに受付を行われる場合、参加者一覧をプリントアウトして、受付を行うことが可能です。
また、当日の入場受付時にパソコンの利用が可能な場合は、直接【参加者を確認する】にて入場受付のチェックが行えます。
※パソコンはインターネットに接続した状態でのご利用が必要です。
※参加者一覧で受付を行う場合は、チケットの受渡し制限(分配不可)の設定が適用されます。

①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より、【参加者を確認する】を押下します。

②参加者一覧をプリントアウトされる場合は、画面右上の[参加者一覧をcsvダウンロード]ボタンを押下して、csvファイルをダウンロードしてください。
csvファイルのダウンロードができましたら、エクセル形式で開き、プリントアウトしてご利用ください。
パソコンにて、直接入場受付のチェックを行われる場合は、検索欄から申込番号・参加者氏名等で検索を行い、参加者を確認して下さい。
「未入場」をクリックし「入場」に変更して受付が完了です。


受付用アプリの使い方・受付はどのように行えますか?

認証用アプリ「LivePocket-Scan-」を使って、来場者のQRコードを読取・認証することで、入場受付を行います。
「LivePocket-Scan-」は、『LivePocket-Ticket-』で販売したQRコードチケットの読み取りや、リストチェックで入場認証ができる、チケット販売元(イベント主催者)専用アプリです。

当日のQRコードチケットでの受付方法は、マニュアルをご確認ください。
※ユーザーが提示するQRコードは、スマートフォンなどのモバイル端末での提示、または、プリントアウトした紙面での提示どちらでも問題ありません。

①認証用アプリのインストール
受付用アプリの利用には、受付で使用するスマートフォンなどモバイル端末に、事前に[LivePocket -Scan-]アプリをインストールしてください。
※複数台の端末で入場受付を行う場合は、全ての端末にインストールしてください。
※認証機の貸出は行っておりません。

[利用推奨環境]
iOS端末 iOS11.0以上
Android端末 Android 6.0以上(一部除く)
※タブレット端末は推奨しておりません

[アプリダウンロード]

②認証用アプリへのログインと、来場予定者リストの読み込み
認証用アプリへのログイン方法は2通りあります。
※受付を行うすべての端末でログインしてください。
※リストの読み込みには通信環境が必要となります。通信状態が良くない場所で使用される場合は、あらかじめWi-Fi等をご用意ください。

②-1
【アシスタントモード(旧・かんたんログイン)でログインする場合】
a.「アシスタントモード」でのログイン方法
1)管理画面より、該当イベントの「イベントの編集・管理画面」内【入場受付方法を確認する】を押下

2)「イベント情報」右の【印刷する】ボタンから印刷してください

3)端末の認証用アプリを起動後、ログイン画面にある「アシスタントモードでログイン」ボタンを選択し、印刷した「入場受付方法を確認する」ページの「かんたんログイン用QRコード」を読み取ってください。

b.来場予定者リストの読み込み
アシスタントモードでログイン後、「来場予定者リストの読み込み」が表示されるので【読み込む】を選択してください。
※来場予定者リストの読み込みで「キャンセル」をしてしまった方は、【来場予定者リストを読み込む】ボタンを押下後、受付を行うチケットを選択して「チェックした来場者をダウンロードする」ボタンを押下で、来場者を読み込んでください。

②-2
【登録のアカウント情報(管理者情報)でログインする場合】
a.アカウント情報(管理者情報)でのログイン方法
管理画面にログインする際に使用する「事業者コード」「メールアドレス」「パスワード」を入力し【ログイン】ボタンを押下してください。
※事業者コードでのログインの場合、対象の事業者コードで販売しているチケット(イベント)が全て確認できてしまうため、第三者に受付(もぎり)を依頼する場合は、必ず「アシスタントモードでログイン」よりアプリにログインしてください。

b.来場予定者リストの読み込み
登録の管理者情報にてログインした場合は、直近のイベントリストが表示されますので、受付を行う対象のイベントを選択後、来場予定者リストの読み込みを行ってください。
※登録の管理者情報にてログインした場合に限り、アプリ内に「アシスタント用QRコード」を表示することができます。

③来場者の認証処理
[QRコードで認証する]
「内側カメラ」か「背面カメラ」をお選びください。
QRコードが認証された場合は、「OK」と表示されます。
認証されない場合は「NG」と表示されますので、提示いただいているチケット内容等を確認してください。

[来場者リストで認証する]
「参加者名」「申込番号」「チケット番号」のいずれかで検索していただき、対象のチケットを確認できたら、右にある【認証する】をタップし【認証実行】を選択してください。
お客様の端末故障などで、QRコードチケットが正常に読み込めない場合は、リストにて認証してください。


売上金はいつ入金されますか?

イベントページのイベント終了日(開催日)が1~15日の場合
精算:16日から3営業日以内に支払明細書を発行。
支払:当月月末払い ※ただし土日祝に該当する場合は前営業日となります。

イベントページのイベント終了日(開催日)が16~末日の場合
精算:翌月1日から3営業日以内に支払明細書を発行。
支払:翌月15日払い ※ただし土日祝に該当する場合は翌営業日となります。

※下記ページもご確認ください。
http://t.livepocket.jp/sell_commission

<支払明細書について>
支払明細書は主催者管理画面でご確認ください(2020年3月お支払い分より)。
※下記ページもご確認ください。
http://faq.livepocket.jp/article/500000241.html


入金される金額はいつ確認できますか?明細書は誰に送ってもらえますか?

イベントページのイベント終了日(開催日)が1~15日の場合
精算:16日から3営業日以内に支払明細書を発行。
支払:当月月末払い ※ただし土日祝に該当する場合は前営業日となります。

イベントページのイベント終了日(開催日)が16~末日の場合
精算:翌月1日から3営業日以内に支払明細書を発行。
支払:翌月15日払い ※ただし土日祝に該当する場合は翌営業日となります。

※下記ページもご確認ください。
http://t.livepocket.jp/sell_commission

<支払明細書について>
支払明細書は主催者管理画面でご確認ください(2020年3月お支払い分より)。
※下記ページもご確認ください。
http://faq.livepocket.jp/article/500000241.html

・支払明細書に関する通知は、ご利用いただいている事業者コードで管理者登録(アカウント登録)がされており、
かつ、【売上確定・支払確定 メールの受信】が、【受信する】にチェックがある管理者様のメールアドレスにお送りいたします。
法人様で別途経理ご担当者様がおられる場合は、必ずお振込み予定日前までに明細書のご共有をお願いいたします。


口座を変更したい場合は?

管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の 【事業者設定】より設定・変更が可能です。

【事業者設定】画面内の最下部「口座情報」にある「編集する」ボタンから変更してください。
※入力方法について詳しくはこちらをご確認ください。
※振込先の内容に誤りがあるなどの場合、お振り込みが行えず 当社が指定する日付でのお振り込みとなります。また再手続き時には、別途手数料を頂戴する場合があります。
※「全権管理者」の管理者のみ編集可能です。一般管理者の場合、「編集する」ボタンは表示されません。


販売手数料の負担は主催者ですか?購入者ですか?

販売手数料は主催者負担、購入者負担のどちらにも設定できます。
販売手数料の負担先は、対象となるイベントページの「イベント編集・管理画面」内より 【イベントページを編集する】を選択後、画面下部「その他オプション設定」より設定が可能です。

※初期値は、「主催者負担」になっています。
※設定方法について詳しくはこちらをご確認ください。
※「購入者負担」にした場合、チケット申込み時の支払額に【システム利用料】として手数料が追加されます。
購入者は、チケット代金+システム利用料(+コンビニ決済手数料)の合計額を支払います。
※購入者がいる状態での変更は、お控えください。
変更が必要な場合は、チケット販売開始前までに変更を完了してください。


購入者情報・参加者(同伴者)情報はどのように確認できますか?

購入者や参加者の情報は、イベントの編集・管理画面の[申込者を確認する][参加者を確認する]から確認できます。
購入者が同伴者へチケットを分配した場合、参加者名がチケット所有者(=同伴者)の氏名に変更されます。

【 購入者情報を確認してから参加者(同伴者)の情報を確認する 】
①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より【申込者を確認する】を押下します。

②画面上部の検索欄に「申込者氏名」「申込番号」「ユーザーID」を入力して、対象の申込みを検索することが可能です。
画面右にある「詳細検索」より、更に『受付名』『チケット名』『支払方法』『入金状況』にて絞り込むことも可能です。

また、対象の申込みの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、「チェックしたユーザーにメールを送信する」を押下すると、対象ユーザーのLivePocket-Ticket-登録メールアドレス宛に、管理画面からメールにて案内を送ることができます。
※メール送信について詳しくはこちら

該当申込みの「申込番号(青い番号)」をクリックすると申込み内容や、申込者情報の詳細が確認できます。

【参加者(同伴者)情報の確認方法】
①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より[参加者を確認する]を押下します。

②画面上部の検索欄に「参加者氏名」「申込番号」「ユーザーID」などを入力して、対象のチケットを検索することが可能です。
※参加者名や申込番号などの各項目名をクリックすることで、並び順を降順・昇順に変更できます。

また、対象のチケットの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、「チェックしたユーザーにメールを送信する」を押下すると、対象の参加者ユーザーのLivePocket-Ticket-登録メールアドレス宛に、管理画面からメールにて案内を送ることができます。
※メール送信について詳しくはこちら

【「参加者ユーザーID」と「購入者ユーザーID」が一致しない場合】
「参加者ユーザーID」と「購入者ユーザーID」が一致しない場合は、購入者が参加者(同伴者)にチケットの分配を行っています。

該当チケットの「購入者ユーザーID」「申込番号」をクリックすると申込み内容や、購入者情報の詳細が確認でき、
「参加者ユーザーID」の番号をクリックすると、参加者がLivePocket-Ticket-に登録の「氏名」「生年月日」「性別」「居住地」が確認できます。


お客様から購入状況を確認したいと問合せが入りました、どうすればいいですか?

ユーザーがLivePocket-Ticket-で申込み、購入した内容は、ユーザー自身で、LivePocket-Ticket-のマイページ【申込状況・履歴】より確認が可能です。
『【申込状況・履歴】の確認方法がわからない』『購入したはずの申込履歴が無い』といったお問合せが入った場合は、下記、LivePocket-Ticket-のユーザー用FAQをご案内ください。

【FAQ / 問い合わせ】
https://t.livepocket.jp/help/faq

主催者様で作成・管理いただいているイベントにて、対象ユーザーの申込状況を確認されたい場合は、管理画面内の【申込者を確認する】にて確認することが可能です。

①対象イベントの「イベント編集・管理画面」より[申込者を確認する]を押下します。

②「申込者氏名」「申込番号」をユーザーから伺い、画面上部の検索欄から検索してご確認ください。
※ユーザーIDは、ユーザーのマイページ上に表示されておらず、ユーザーでは確認できません。


販売状況のメール受信を停止できますか?

販売状況をメールでお送りしています。
不要な場合は、管理画面にログイン後「設定(歯車のアイコン)」の【アカウント設定】より受信について変更が可能です。

1.【アカウント設定】を選択後、ログインした管理者が登録のパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下

2.「販売状況報告メールの受信」を【受信しない】にチェックを入れ、「確認する」を押下

3.確認画面が表示されますので、登録内容を確認後、「更新する」ボタンを押下で情報が更新されます