販売予定枚数の共有とは何ですか?

登録済みのチケットと販売予定枚数を共有して、チケットの設定と販売を行うことが可能です。
例えば、在庫を共有して「大人券」と「子供券」のチケットを販売することができます。
また、販売予定枚数を共有することで、前売り券の残席を当日券として販売したり、
1次受付の未入金キャンセル分を、2次受付にて販売する際に販売枚数の管理が行いやすくなります。

【同じ受付に、販売予定枚数を共有してチケットを設定する場合】
①先着販売/抽選販売の受付内容を入力後、「チケットを追加する+」を押下します。

②[販売予定枚数を共有してチケット販売したい方はこちら]に表示されているチケットから
販売予定枚数(在庫)を共有したいチケットの「このチケットを販売する」を押下してください。

③選択したチケットのチケットの種類(整理番号チケット・座席指定チケット・通常チケット)と
内容が反映されて表示されます。
必要に応じ、チケット名やチケット料金を修正し「保存する」を押下してください。

※整理番号チケットの場合、先に付与されている整理番号の続きから採番されます。
※座席指定チケットの場合、同じ座席リストの空席分の販売が行えます。

【別の受付で、販売予定枚数を共有してチケットを設定する場合】
別の受付で、販売予定枚数を共有して当日券や2次受付等で販売を行う場合は、受付作成時に販売予定枚数を共有して作成を行います。

①管理画面内メニュー【チケットの追加・編集をする】を押下します。

②「販売スケジュール(受付)を追加する」を選択します。

③追加販売(在庫共有)したい受付の「このチケットの追加販売をする」を押下します。

④先着販売/抽選販売を選択すると、選択した受付に保存されていたチケットのチケットの種類(整理番号チケット・座席指定チケット・通常チケット)と内容が反映されて表示されます。
受付とチケットを設定後、「保存」を押下して完了してください。

※整理番号チケットの場合、先に付与されている整理番号の続きから採番されます。
※座席指定チケットの場合、同じ座席リストの空席分の販売が行えます。