9月29日リリース予定の新機能について

9月29日に下記、新機能のリリースを予定しています。
これらの新機能により、よりバリエーションに富んだチケットの販売が可能になります。
※新機能のリリースに伴い、9月29日以前の「アクセス状況を確認する」のデータは参照できなくなります。予めご了承ください。
イベントの登録がシンプルに
img_sample_001.png
レイアウトの調整・必須入力項目が減り、見やすく・入力しやすくなります。
また、詳細な住所を記載したくない場合は、住所の省略が可能です。
使用頻度の低い下記の設定は、オプションとなり設定箇所が変更されます。
  • イベントページの設定で決済方法、各種外部リンクの設定
    →「イベントページを編集する」の最下部の「その他オプション設定」から設定可能です。
  • チケットの設定で販売制限(ファンクラブ・シリアルコード設定など)がオプション項目に変更
    →チケット設定後、「イベントの編集・管理画面」の「オプション設定」から設定可能です。
受付・チケットの設定がより便利に
チケットの販売予定数の共有機能が加わりました。さらに、残ったチケットを追加販売する場合に、改めて販売数を設定し、整理番号の開始番号を確認する必要がなくなります。
■活用シーン
  • 大人チケット・子供チケットで価格帯の異なるチケットを合計100枚売りたい
  • 抽選販売で未入金だったチケットを先着販売で追加販売したい
座席の選択・指定購入が可能
ユーザーが好みの座席を選択・指定して購入できるようになります。
■活用シーン
  • 舞台やディナーショーなど座席位置によって楽しみ方が異なるイベントチケット
自動抽選がパワーアップ
img_sample_002.png
抽選販売チケットの当選処理で、優先順位やブラックリストの設定をすることができるようになります。
同じ利用者による重複当選の除外や、「同じイベントで他のチケットをすでに購入しているユーザー」、「過去のイベントで抽選チケットに当選していたユーザー」の優先順位を下ることも出来ます。
また、ブラックリストを事前に設定することで、該当ユーザーを当選者から除外することができます。
■活用シーン
  • 男女比によって、抽選の優先順位をつけたいとき
  • 決済方法によって、抽選の優先順位をつけたいとき
個別メール配信機能
これまでチケットの購入者やイベントの参加者に、メールを送信することができるようになります。
■活用シーン
  • まだ来場されていないお客様に来場を促したいとき
  • 申込み内容に不備のあるお客様へのご連絡
  • 個別に席の振り替えや変更のご連絡
アクセス解析が見やすく
トップページでチケットの売上状況や、アクセス状況を確認できるようになります。
また、アクセス分析のデザインも一新され見やすくなりました。