申込回数制限はどのように設定すればいいですか?

受付ごとに申込回数制限を設定することができます。
受付を作成する際に、[申込回数の制限]の項目で「制限する」を選択してください。
「受付単位」の部分をクリックすると、制限方法を3種類から選ぶことができます。
※抽選販売は、あらかじめ【受付単位】で申込回数制限が設定されています。

【チケット単位】・・・
イベント内で同じチケットを2度申込みができなくなります。
別のチケットを申込むことは可能です。
【受付単位】・・・
イベント内で同じ受付内のチケットを2度申込みができなくなります。
別の受付のチケットを申込むことは可能です。
【イベント単位】・・・
イベント内で1件でも有効な申込みを行っている場合は、申込みができなくなります。
イベント単位の受付で申込みを行っている場合、別の申込み制限が設定されている別の受付であれば申込むことは可能です。

ユーザー画面の表示イメージ

(例)
●チケット単位
全チケットがそれぞれ1回ずつ申込みが可能です。

●受付単位
【1次】先着販売受付・・・【Aチケット】か【Bチケット】のどちらかしか申込みができません。
どちらかのチケットを申込み後は、もう一方に「既に申込済みです」と表示され、枚数の選択ができません。
【2次】先着販売受付・・・【Cチケット】が1回限り申し込めます。
1つの受付に対し1券種のみ設定された場合は、<チケット単位>と制限の範囲は同じになります。

●イベント単位
1つのイベントページ内で1回のみ申込みが可能です。
1回目の申込時、【1次】先着販売受付であれば、【Aチケット】【Bチケット】の2券種を選択しての申込みが可能です。
【1次】先着販売受付にてチケットを購入後は、【2次】先着販売受付には「既に申込済みです」と表示され、枚数の選択ができません。

※注意点※
・抽選販売のチケットは、当落選処理の都合上、複数券種の設定があった場合もユーザーは1券種ごとの申込みとなります。
(1券種目の申込手続き完了後に、改めてイベントページにアクセスし、別券種のチケット申込みとなります。)
上記を踏まえ、申込回数制限を設定される際は、設定内容にご注意ください。

・先着販売、抽選販売に関わらず、受付を跨いで複数のチケットを選択して申込みすることはできません。
【Aチケット】と【Cチケット】の同時選択はできません。