ソーシャルディスタンス用の座席対応を実施したい

設定した座席リストを、ソーシャルディスタンス対応として、座席間隔を空けて配席と当選処理を行うことができます。
座席の「売止」機能を、ソーシャルディスタンス設定(SD設定)にします。

★SD設定は『抽選』でチケットを売る場合に使用できる機能になります。
★SD設定は抽選前であればいつでも切り替えが可能です。
当選処理と同時に配席されるので、当選処理後の変更は適用されません。

『先着』でチケット販売したい場合は後述する
「『先着』で座席指定チケットを売る場合の注意」をご確認ください。

■『抽選』で座席指定チケットを売る
①イベントを作成し、抽選受付を作成。座席指定チケットで販売します。
「座席リスト」は空席とする分も含めて、会場の座席図通りに作成を行ってください。

<座席指定チケットの販売方法>
座席指定チケットの作成をするには?

 

②①で作成した座席リストより、座席間隔分の席を「売止」にします。

<売止について>
一時的に、特定の席を販売できないようにしたい(座席を売止にする)

 

③「売止した席をソーシャルディスタンス席として扱う(SD設定)」のボタンをONにして、当落選処理をしてください。

 

【OFF→ONにしたときのポップアップ】

【ON→OFFにしたときのポップアップ】
※ボタンがOFFで抽選した場合、座席間隔が空いているため連席と見做されず、複数購入者はすべて落選扱いになります。(通常の自動抽選ルールが適用されます)

<通常の自動抽選ルール>
当選処理時に、指定する座席リストの、販売可能な左上の座席番号からランダムで配席されます。
連席が確保できない場合は、その申込みは当選対象から外れます。

④当落選処理で、座席リスト名称の後ろに「/SD設定」とある場合、SD設定が適用された座席リストになります。
SD設定が適用されているかを確認し、抽選を実施してください。

■『先着』で座席指定チケットを売る場合の注意
先着販売の場合はSD設定が適用されませんので、先着での販売は非推奨とさせていただいています。

座席リストに『ユーザーが座席位置を指定して購入』を設定することで
先着販売で、購入者は任意の座席を選択可能ですので、
座席間隔分の席は通常の「売止」を行い、『ユーザーが座席位置を指定して購入』を設定しての販売をお勧めいたします。

<ユーザーに座席位置を指定して購入してもらう>
座席を選択して購入できるようにしたい

■『先着』で座席間隔を加味しての座席リストを作成・設定いただいた場合
システム上連席と判断できませんので、先着でのチケット購入時、複数枚のチケットを購入したユーザーには「連席の用意ができませんでした~」というアラートが表示されやすくなります。
これは座席間隔が空いていることで、連席と見做されないためにシステムが警告をしている状態であり
「OK」を押下することで購入に進むことはできます。

座席間隔を加味しての座席リストを作成・設定された場合は、
購入者にあらかじめ、アラートが表示されることをイベントページなどで伝えるようにしてください。

なお、このアラートは、座席間隔が離れる場合のほか、列が切り替って座席が離れる、通路を挟む座席の場合にも表示されます。
購入者の意図しない座席配置になる場合もありますので、ご注意ください。